各部署の紹介

各部署紹介

手術室

手術室
手術室
対象 脳神経外科・内視鏡外科・消化器内科・整形外科・ウロギネ科・婦人科・泌尿器科・形成外科・乳腺外科・耳鼻科・眼科
年間約4,600件以上の手術を行っています。
他職種、病棟と連携し、安心・安全な手術室を目標に日々手術看護を行っています。
術前訪問にも力を入れ手術を受ける患者さんの不安な気持ちに寄り添い、周手術期をサポートしています。

外来

外来

診療科 総合内科・循環器内科・消化器内科・血液内科・糖尿病内分泌内科・神経内科小児科・麻酔科・ペインクリニック・もの忘れ外来・特殊外来・消化器外科整形外科・脳神経外科・乳腺外来・婦人科・女性泌尿器科(ウロギネコロジーセンター)・泌尿器科・耳鼻いんこう科・眼科・形成外科・皮膚科・歯科口腔外科・呼吸器内科
不安と苦痛を抱えてくる患者様が安心して診察を受けられるよう日々看護を行っています。多くの診療科があり、たくさんの知識や技術も身につき、仕事をしながら資格を取ったり、学会に参加するなど、個々のスキルアップにも力を入れています。ママさん看護師は仕事と育児の両立をして働いています。
経験豊富なベテラン看護師が多いのが特徴です。

2階 HCU/救急外来(8床)

HCU/救急外来

対象 くも膜下出血・脳梗塞・脳出血・消化管穿孔・急性胆嚢炎・急性膵炎・急性心不全・呼吸不全・外傷・内視鏡外科術後
救急外来は地域の二次救急病院として24時間、365日救急を受け入れてり、様々な患者様が来院される中で、トリアージをおこない迅速な治療提供・看護に取り組んでいます。
HCUでは診療科を問わず手術後の患者さまや重症患者さまを受け入れています。
急性期であるからこそ合併症予防や早期離床を目的として、リハビリとも連携を密にとり、生活背景を考えながらその人らしいケアに努めています。

2階 病棟(41床)

2階 病棟

対象 脳梗塞・脳出血・未破裂動脈瘤(血管内治療・コイル塞栓術・女性泌尿器科(腹圧性尿失禁・子宮脱・膀胱脱膀胱瘤)
脳疾患及び術後の患者様を受け入れている病棟です。意識レベル、神経症状の悪化など変化を見逃さないよう、日々ベットサイドに足を運び患者様の不安を取り除き、治療に専念できる環境を整え、入院生活が安楽に過ごしていけるよう心掛けています。

3階 北病棟(49床)

3階 北病棟

対象 消化管悪性腫瘍(手術療法)・肝腫瘍・膵腫瘍・腸閉塞・急性虫垂炎・胆石症・総胆管結石症・鼠径ヘルニア・婦人科疾患(卵巣腫瘍・子宮内膜症・子宮筋腫)等
内視鏡外科手術の術前・術後の患者さまを中心に担当する病棟です。
術前から患者様に寄り添い安心して周術期を過ごせるよう心掛けています。
HCUから術後患者さまの転入も多く、連携を密に図り病棟でも継続した看護を提供しています。

3階 南病棟(49床)

3階 南病棟

対象 大腿骨折・脛腓骨骨折・上腕・橈骨等の上下肢の骨折・変形性膝関節症・頸椎損傷・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎圧迫骨折・腱板断裂等の肩関節手術・糖尿病性壊疽・外反母趾・アキレス腱断裂 等
高齢者の転倒による骨折も多いですが、交通外傷やスポーツによる外傷の患者さまや時には、リハビリを中心とした治療に来られるスポーツ選手の方もいらっしゃいます。
リハビリスタッフと連携を図りながら少しでも受傷前の状態で社会復帰ができるようスタッフ全員、笑顔でケアを行っています。

4階 北病棟(48床)

4階 北病棟

対象 消化管悪性腫瘍(手術療法・化学療法)・肺炎・心不全
がん患者さまが多く入院される病棟です。
診断から治療、化学療法、看取りまで緩和ケアチームと連携し患者さまだけではなく、患者さまを支えるご家族にも寄り添う看護を提供しています。
幅広い年齢層のスタッフが集結しており、心配事があれば相談でき、安心して仕事ができる環境です。

4階 南病棟(48床)

4階 南病棟

対象 肺炎・心不全・早期胃癌・大腸癌(ESD目的)・大腸ポリープ・白内障・緑内障 等
高齢の患者さまが多く、急性期から慢性期を経て患者さまの生活の場がどこにあるのか自宅、病院、施設など患者さまの状態に応じ、退院支援を行っています。
眼科手術や内視鏡検査・治療の患者さまも多く、短期間の入院期間となりますが、不安を軽減し、滞りなく手術、検査に臨んでいただけるよう心掛けています。

男性看護師会

当院には272名の看護師が在籍しています。その中の62名(22.8%)が男性看護師です。全国平均約7%と言われる女性の職場の中で数多くの男性看護師が日々奮闘しています。部署も様々で手術室やHCUはもちろん、各病棟も複数の男性看護師が在籍しています。
4名の男性認定看護師をはじめ、ダブルライセンスで活躍している男性看護師も多く、キャリアを積んでいく上でも、道標となるスタッフが数多く働いています。
様々な仕事の形を参考に、将来を考えてみませんか?

TOWAKAI MEN’S NURSES

第一東和会では男性看護師が『TENSHI!』と呼ばれるように日々、奮闘しています。
T(東和会)E(笑顔で)N(任務を)S(遂行する)H(働き者で)I(一生懸命)!

TOWAKAI MEN’S NURSES
TOWAKAI MEN’S NURSES
TOWAKAI MEN’S NURSES

ダブルライセンスを持つ男性キャリア看護師

[Message01]五明田 和也
看護師長・リスクマネージャー

五明田 和也

スキルアップの環境が整っているからこそ
挑戦する気持ちを持ちつづける

入職時から手術室勤務となり、これまで様々な手術を経験しました。手術には様々な器械類が必要です。尊敬する男性看護師の先輩が資格を持っていたこと、もともと器械が好きだったこともあり、臨床工学技士の資格を取る事に決めました。資格の取得は働きながら学校に通い、病院からは資金面の援助や勤務の調整をしてもらうなどとサポートしていただき、何とか取得する事が出来ました。臨床工学技士の資格を取得してからは手術中の様々な状況に、より迅速に対応できるようになりました。

日々経験を重ね、手術室の看護師長を13年間務めさせていただきました。手術室ではより一層の安全管理が求められます。日々手術室を管理する中で、安全管理に対する意識も自然と高まっていきました。そんな中、病院から医療安全管理者の道を打診され、戸惑いはありましたが、“自分しかいない”と思い、資格取得に挑戦することに決めました。現在は病院内をラウンドしながら、患者様・職員を守るために日々奮闘中です。
看護の道は一生勉強です。新しい事に挑戦する気持ちを忘れず前に進んでいこうと思います。

取得した資格
  • 第2種ME技術認定
  • 臨床工学技士
  • 日本手術看護学会 大阪ブロック役員
  • 医療安全推進指導者(医療安全管理者)
[Message02]平野 哲也 
看護副主任

平野 哲也

プロフェッショナルを求めて内視鏡の道へ
次なる目標は、内視鏡センターの運営

消化器外科病棟や救急外来などで勤務していた頃から、“何か1つプロフェッショナルな技術を身につけたい”ということを考えていました。 あるとき先輩が「内視鏡業務をやってみないか?内視鏡は楽しいぞ!!」と声をかけていただきました。消化器分野を中心に働いていたせいか、何か感覚的に感じるものがあり、初めて内視鏡業務に取り組み始めました。医師や他スタッフと共に内視鏡タワー/スコープ/デバイスなどタイムアウトを行っていると、集中力も最大限にまで高まります。知識・技術・人間性などの要素が幅広く求められる分野ではありますが、それまでで一番の充実感に浸ることができました。
さらにこの分野で自分を磨き、活躍したい――
その想いが強くなり、2014年に内視鏡技師の資格を取得しました。
現在は、外来副主任として内視鏡室で働いています。内視鏡技師学会や勉強会に参加し、他病院で行われている効果的な取り組みの採用や、新たな機器やデバイスの導入を医師と一緒に検討します。また、内視鏡室の管理、新人育成など、後輩たちにも内視鏡の楽しさを感じてもらえるよう指導を行っています。 内視鏡業務はハードです。当院の内視鏡室には、検査技師や臨床工学士がいないため、基本的に医師と看護師で内視鏡室の質の向上に取り組んでいます。ハードな業務の中、患者様から「ありがとう」と言葉を頂いた瞬間やチームで協力し一日をやり遂げた充実感。内視鏡治療は患者様の治療の一部分ではありますが、その一部分である内視鏡で最大限のベストを尽くす。内視鏡にはたくさんの魅力が詰まっています。
今後の私の目標は、内視鏡に特化した最高のチーム“内視鏡センターの運営”。 いつの日か必ずや成し遂げてみせたいと思います。

取得した資格
  • 内視鏡技師免許取得
[Message03]今村 圭佑
看護副主任

今村 圭佑

安全な手術環境を整える臨床工学技士の取得にチャレンジ
患者様からの言葉、元気に退院される姿が力の源に

幼い頃から、医療機器を操作したり、修理したりする仕事に対して憧れがありました。しかし当時は臨床工学技士という資格があまり一般的ではなかったため、まずは医療現場で働くという目標を叶えるため、看護師として当院に入職しました。そこで出会った手術室師長が、まさにその臨床工学技士の資格を持っている方でした。その仕事を間近で見て、私は迷わず臨床工学技士の資格を取得することに決めました。 そして現在、手術室内を中心とした医療機器の管理や修理、スタッフが医療機器を操作するときのサポートを行う臨床工学技士として働いています。
手術室は病院の中でも医療機器が多いエリアですので、臨床工学科と常に情報を共有し、手術室との架け橋のような存在として、トラブルの防止に努めています。 手術室の看護師は、常時帽子とマスクを着用しており、表情はほとんど見えません。けれどそんな私たちのことを、覚えてくださっている患者様がおられます。「あのときの看護師さんですよね?」と患者様からお声がけをいただいたとき、「あのときはありがとう」と笑顔で元気に退院される姿を見たときには、心の底から“この仕事を選んで良かった”と思います。
看護師資格に加えて、臨床工学技士などの資格を取得している“ダブルライセンスの医療従事者”は、そう多くありません。私が当時の師長に憧れたように、皆さんが目標とする先輩に出会えたり、2つ目の資格取得にチャレンジしたりするきっかけを見つけたりできる場所として、当院への入職を考えていただければと思います。 また私自身も、その目標とされる存在になれるよう、日々精進して参ります。

取得した資格
  • 臨床工学技士
[Message04]小原 祥宏

小原 祥宏

看護師として、保健師として患者さんの健康を守り
スタッフが働きやすい環境と健康も守りたい

現在、主に看護師として手術室で勤務しながら、週に1度は保健師として健診センターで保健指導・健診業務を行っています。
看護師は、目の前の患者さん、つまり個に対しての援助が中心となります。一方で保健師は、労働者、地域住民、生徒といった、集団に対しての援助が中心となります。その集団の中には、健常な方、そうでない方とさまざまな方がおられます。私は、より多くの方の疾病の予防・健康増進にも関わりたいと思い、看護師資格に加えて保健師資格を取得しました。 看護師として業務にあたる手術室は、執刀医、麻酔科と密に連携し、チームで患者さんの命を預かります。病棟とは違った緊張感・難しさがありますが、その分得られる経験・知識の量も多く、手術を乗り越え、元気になった患者さんの姿を見るたび、この仕事のやりがいを実感します。手術という特殊な環境と健診センターとでは全く異なる場所での勤務ですが、どちらも患者さんの未来を考えて勤務する場所で有り、どちらに於いても緊張感を持って業務を行っています。
これからの時代は、健康はもとより、労働者の働く環境も守っていかなければなりません。保健師として、スタッフが健康に働ける環境の実現に貢献していけたらと考えています。

取得した資格
  • 保健師
  • 第一種衛生管理者

子育てパパ看護師!男性も仕事と育児を両立しながら働いています!

[Message01]宝来 大輔/中途採用

宝来 大輔仕事はもちろん子育てパパも奮闘中
出産に立ち会えたのは職場の皆のおかげ

現在HCUに勤めて2年目になります。この部署は大きな手術の術後や、重症患者が多く、大変ではありますが、皆が勉強熱心で働きがいがあります。自分が看護師として何ができるのかを日々追及し、知識やスキルを向上していきたいと思います。皆が切磋琢磨している中でも、皆がフォローし合っている職場です。
以前、妻が里帰り出産のために熊本に帰省していたのですが、出産すると連絡があり、すぐに熊本に向かい、出産に立ち会う事ができたのも、職場の皆さんのおかげです。子育てママやパパが多い職場で、出産の偉大さを皆が知っているからなのかもしれませんね。一生の思い出になりましたし、皆さん快く送りだして下さって本当に感謝しています。子供がまだ小さいので、休みの日はなるべく一緒に遊んだり、家事もしています。
この職場は「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」そんな思いの人達が集まっています。 この病院でこれからも自分の看護を追求していきたいと思います。

[Message02]松本 龍太/新卒採用

松本 龍太看護師として、親としての責任を実感
患者さんにとってより良い看護を考え続ける

看護師になろうと思ったきっかけは、祖母が看護師をしている姿を見て、「自分も人を救う仕事がしたい」と思った事でした。現在はHCUに所属しており、様々な疾患の患者さんの急性期を経験できるのですごく勉強になります。何を行うにしても一つ一つに根拠があって、どういう看護を行えばいい方向へと向かうのかと考えたことが患者さんに大きく影響する仕事なので、とてもやりがいがあります。今できる事を確実に増やしていけるように、今後も頑張っていきたいです。
プライベートでは、最近子供が生まれ、本当に可愛くて仕事に対するモチベーションもとても上がりました。今は夜勤前に必ずお風呂に入れてから出勤しています。夜勤明けに疲れていても、子供の顔を見ると元気が出て、ついつい一緒に遊んでしまいます。子供が大きくなったらキャッチボールをするのが夢ですね。
仕事では看護師としての責任、そしてプライベートでは親としての責任を持って、これからも頑張っていきたいと思います。

一番上に戻る
インターンシップ・病院見学インターンシップ・病院見学応募エントリーフォーム応募エントリーフォーム

採用情報

採用情報

東和会看護部のホームページをご覧いただきありがとうございます。
皆さまにお会いできることを心から楽しみにしております。
ぜひ、お気軽にご応募ください。

看護師 募集要項
インターンシップ・病院見学応募エントリーフォーム